MacBook Air Mid 2009用の互換バッテリーがわずか2週間で壊れた件

こんにちは!
Witchcraftです。


前々回にSLODA Macbook Air A1304用のA1245互換バッテリーに交換したと書きましたが…

わずか、2週間で壊れました。

学校の帰りの電車の中で、Macbook Airを取り出し電源ボタンを押してもつかないのです…

同日未明の時は普通にバッテリーで駆動していたのに…
まさか、消し忘れで電池が全部消耗した?

とりあえず、その日はレポート書こうと思っててMagsafeを持参していたため、電源があるドトールへいって状況確認してみました。

とりあえず、アイスコーヒーSを頼み電源席へ。

Magsafeをくっ付けて、電源投入…

とりあえず、電源が付きホッとしました…

しかし、嫌にEl Capitanの起動が遅い。

SSD搭載してるので20秒ほどあれば、パスワード入力画面まで行くのに…

前日にBootCampでWindows 7を入れたのでそれが原因かと思いつつ、3分ほど待ちました…

やっとパスワード入力画面まで辿り着きました。

しかし、ここでおかしな表示をみます。

右上にあるバッテリーアイコンが「100%」となっているのです。

ん?と思いつつ、パスワードを打ち込みサインイン。

直ぐに「このMacについて」から「システムレポート」を確認しました。

しかし、すっごく重い…

システムレポート開くのに4分くらいかかりました…
やっとの思いで「電源」を見てみると

メーカー欄がほぼ空欄でバッテリーアンペア数が「0」となっていました。

あちゃー…バッテリー死んだよ…

直ぐにiPhoneからAmazonに連絡。

外箱も捨ててしまってましたが、無事に全額返金と約束を漕ぎ着けました…

現在返品中なのですが、この問題のバッテリーを抜くとなぜか、MacBook Airが軽くなるのです。
問題のバッテリーが悪さをしていたのか、あそこまで動作が重いのは初めてでした…

まあ、全額返金と約束していただいたので良かったです。
今度は返金したお金で別メーカーの商品を買いたいと思ってます。

やっぱり、互換品は互換品なんですね…

交換次第、またブログを更新したいと思います!

何か、参考になれば!との思いで書きました!

ではでは!!

0 件のコメント :

コメントを投稿