MacBook Air Mid 2009にEl Capitanをぶち込んでみた。

こんにちは。Witchcraftです。


はい。今頃です。

Mid 2009に「9月」にEl Capitanにアップする馬鹿です。


とりあえず、Snow Leopardから脱出したくてアップしました。


スペックも記載しておきます。
MacBook Air Mid 2009
CPU Core 2 Duo SL9600(A1304最上位)
RAM 2GB
SSD 120GB


一応、Mid2009では「全盛り」のスペックです。
(その為、バッテリー消費が早い…)

このMacBook AirにEl Capitanを入れていました。

手順。
スノパ→Elにアップデートする。

Elのリカバリーからクリーンインストールする。

この手順でやりました。




とりあえず、「インストール長いっ!!」

Windows 10はSSD搭載モデルでしたらAtom Z37xxシリーズでも25分あれば終わるのに…
2時間はかかりました…

残り20分と表示されてますけど、1分=4分くらいの計算で実際の時間がでます。

Appleさんは1分を240秒だと考えているのかな?

あ、ちなみにアップデートだけでElを使おうと思ってるそこの人へ。

使い物になりません。

とにかく重いっ…

spotlightのキャッシュ作りで重いと有名ですが、何時間放置しても重いです。

クリーンインストールをお勧めします。

クリーンインストール後は特に重いと感じませんね。
強いて言うならバッテリー消費がさらに速くなった。あとはファンの稼働率が上がったという感じですかね?

とりあえず快適に使えてます。






0 件のコメント :

コメントを投稿