MacBook Airが廃止だと⁉︎

こんにちは!りゅーくんです。

この記事から当管理人をこの呼び名で呼ばせていただきます。

昨日にAppleの新製品発表会がありましたね。

3ヶ月前ぐらいには、MacBook Airが廃止されるかも??と言った噂が広まっていたのですが、やっと発表会に近くになるにつれて、MacBook Airに関しても発売されるかもと言った記事が多数出てきたので安心して発表会をみていたのですが。。。


MacBook Airが事実上の廃止となりました。

はい。


やってくれたなAppleさんよ。

つい最近MacBook Air買ったばっかりなんだよ。

Mid2009だけど。

簡単に説明しますと、今回発表されたMacBook Proは3モデル展開で、1モデルがTouch Barがない廉価モデル。その他はTouch Barがある13インチと15インチとなります。

ここまでは、別に良いのですが、問題がサイズと重さです。

MacBook Air
高さ:0.3~1.7 cm
幅:32.5 cm
奥行き:22.7 cm
重量:1.35 kg

MacBook Pro
高さ:1.49 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.37 kg


この数値を見ていただければすぐにわかると思いますが、MacBook Airの最薄部よりは厚いですが、MacBook Proの方が「薄くて小さい」のです。
重量に関しては0.02kgしか変わりないので職人さんでもない限り重さの区別はつかないでしょう。。。

この通り、MacBook Airの「軽くて薄い」をMacBook Proで実現してきたのです。

こうなると、MacBook無印もあるため立ち位置がなくなるのです。

そして、発表会後に11インチモデルが消えました。

そのうち、13インチモデルもフェードアウトしていくと思われます。

買いたい方は、今のうちに買っておくべきです。

ましては、11インチモデルに関しては、MacBook無印のCore Mでは耐え切れない処理をMacBook AirのCore i5で賄っていた人もいるのに。。。。
今回の廃止はかなり痛いものとなります。

「Macに合わせてユーザーが変化しなくてはならない」を承知していますが、性能面では合わせることができません。

本当今回の発表会は残念でした。

今年の年末にMacBook AirのCPUが密かにアップデートされる事を祈っています。。。。

0 件のコメント :

コメントを投稿