1.3万でMacBook Air Mid-2011に512GBのM.2 SSDに換装してみた。

発売からすでに5年以上経過したMacBook Ai Mid 2011たんのお話です。

Ram4GBついてるし、第二世代Core i5も搭載しているので、問題なくSierraが動作します。

ただ一つだけ、残念なこと。
SSD128GBしかついていない。
これだと、BootCampmacOSWindowsのデュアルブートにしたら、お世辞にも足りません。

と、言う事で、まだまだ持ち運びパソコンとして十分と活躍できるMacBook Air Mid 2011SSDをさらに大容量化させてみることにします。


今回の条件

・予算15000円以内


SSDとアダプタの入手


はい。予算の時点で、512GBが手に入りません。
どう考えても、2万円越えは確実です。

と、言うことで中古品を探してみました。


すると、ドスパラで


お値段9490円。これは安スギィ!!

このページを見て、深夜の2時でしたが迷うことなくポチりました。

まぁ、ドスパラはかなり有名ですし故障寸前のものは売らないだろう。と言う謎の信頼で買いました。

と、思ってました。

たまたま、某フリマアプリでドスパラのこの特価品を仕入れて転売してる人がいたのですが、使用時間も非常に短く大丈夫そうでした。


あと、もう一つ買うものがあります。
それは、MacBook Air M.2 SSD規格から2010/2011の独自端子に変換するアダプターです。
こちらは、アマゾンで千円ほどで売っています。

これで、見事に予算15000円以下で512GBのSSDへ交換できそうです。


リカバリ用のUSBを作る。

macOS Sierra用のリカバリUSBを作成します。

ここで方法を記載すると長くなるので、詳しく書いてあるサイトをご紹介していきます。
macOS Sierraの起動可能なインストーラ(USBメモリ)を作成する方法

※OTTAN.XYZさん。リンクお借りしました。この場を借りてお礼申しあげます。
要望があれば削除致します。


いよいよ換装

ドスパラさんも、夜中の2時にポチって朝7時に入金したら12時くらいに発送完了メールが来ました。
恐ろしく早くてびっくり。アマゾンのプライム便より早い。




こちらが、今回取り付け予定のサムスン製SSDと変換アダプターです。

まず、変換アダプターに SSDを取り付けます。

しかし、ここで問題が。。。

SSD 2280規格だと、この通り入らなのです。。。

たまたま家にあった、ダイヤモンドやすりみたいなので、結構削りました。。。
すると、このようにスッポリ入りました!

アダプターに取り付けられたら、MacBook Airに取り付けていきたいと思います。

取り付けは簡単。このようにMacBook Airの裏のネジを全て外して

開けて、固定用ネジを外せば簡単に外せます。

外せたら、新しいSSDを差し込みます。

そうしたら、先ほど作成したリカバリUSBを差し込み、Optionを押しながら起動させUSBメモリを選択して、通常通りにインストールしてください。


※ディスクユーティリティから、フォーマットが必要なのでご注意ください。

無事にmacOSのインストールが終わったら、作業は完了です。
お疲れ様でした。


0 件のコメント :

コメントを投稿