【レビュー】今更ながらWM8740搭載のAGPtEK H1を買ってみた。


今回に記事では、音楽プレーヤー関連のお話について書いていきたいと思います。

※オーディオ関連は完全に素人です。玄人さんはこの記事を読まないことをオススメします。(素人目線?)

今回、私が購入したのは『AGPtEK H1』です。

以前はXperiaやiPod nanoで音楽を聞いていたのですが、Xperiaは文鎮化(←治ったけど)、iPod nanoはバッテリーが1日持たないことが多かったので、新しい音楽プレイヤーを探しこの商品にたどり着きました。

どうも2016年の12月あたりにセールで安くなっていたようなのですが、現時点でも1万円を切るかなりの低価格なので、思い切って購入しましたw

スペックについて

このモデル最大の売りは、『WM8740』を1万円以下なのに搭載しているという点です。
なんか調べてみると初代AKシリーズに搭載されていたとか。
素人なので、全くわかりません。

CPU JZ4760B
OPA 2132PA
素材 アルミニウム合金
スクリーン 2.4 inch OLED スクリーン
充電式バッテリー 1500mAh
USB端子 USB 2.0
本体寸法 W5.8×H8.6×D1.55cm
本体重量 約175g
包装寸法 W8×H12×D4cm
包装重量 約250g
商品内容 MP3プレーヤー本体*1、USBケーブル*1、日本語取扱説明書*1
対応フォーマット MP3/WAVE/WMA/OGG/APE/FLAC/WAV/AAC/M4A
APE(48K/24bit)/FLAC(48K/24bit)/WAV(96K/24bit)/WMA(48K/16bit)
保証期限:1年

外観について


※戻るボタンの部分は禿げてしまったので、黒ペンで塗りつぶしました。

外観はかなり良さげでしょ?オーディオにかなりのお金を投資している人が持っているプレーヤーみたいで個人的に好きです。



購入時も比較的小さい箱で届きビックリ。本体はずっしりしてますので、『重たくしている部品達が音をよくしてくれるのか』と思える品です。



付属品はMicroUSBケーブル。我が家にまたもう一本増えましたねw
説明書はなんと日本語表記がしてあります。



横のボタン類です。左から、MicroSD 電源-ホールドスイッチ、音量調整のツマミです。

音量調節つまみは360度回転します。



底の端子類です。左から、3.5mmイヤホンジャック、MicroUSB端子、LINE IN端子です。

LINE IN端子はポータブルアンプとして機能するのかな?



裏面です。綺麗なガラス張りです。iPhone 4sやXperia Zシリーズと同じですね。
落としたら割れるやつです。



本体のホーム画面です。ここは特に説明することはなさそう。



言語選択で日本語も選択できます。ただ、怪しい日本語もあるので英語の方がわかりやすいかも。。。

音に関して

当ブログの管理人は素人です。
また、音の感じ方には個人差があり、個人で好き嫌いがあります。
それを了承した上、お読みいただければ幸いです。


※当方は、Bose SoundSport in-ear headphonesを利用しています。(←エントリーモデル


音に関しては、かなり素晴らしい出来であると思います。
正直、同価格帯のiPod nanoやwalkmanとは比べ物になりません。

聞いていて、おお。いい音と思える音です。

あまり参考にはならないと思いますが、外観などが伝われば幸いです。

いい買い物をしましたw。





0 件のコメント :

コメントを投稿