見捨てられたMac mini Mid 2007にYosemiteの夢を見せてあげよう。

Mac Mini 2007Core 2 Duo搭載ながらも、初期搭載RAM1GBがネックになったのか、Tiger→LeopardSnow Leopardまでしかアップデートされなかった可哀想な子なのです。

Mac mini 2009だと、同じCore 2 DuoながらもRAM 2GBでしたので、El Capitanまで公式アップデートされました。(Snow Leopard→Lion→Mountain Lion→Marvericks→Yosemite→El Capitan)

ほとんど同性能のMacBook Air Mid 2009を持っていましたが、問題なくEl Capitanも動作していました。
※現在は、友人が使ってます。かなり愛用とのこと。

今回は、その可哀想なMac mini Mid2007に夢をみせてあげよう。の回です。

※Mac mini Mid 2007と限定した書き方をしていますが、他の機種でもほとんど変わりないので、参考にしていただければ幸いです。

おことわり

この記事に掲載されている方法・内容は、Appleのライセンス規約に違反する行為となる場合があります。当記事は、あくまでも実験として行なっているだけです。

全て自己責任でお願いします。


対応機種

MacBook Late 2006以降

MacBook Air Early 2008(2009も対応しているのかも)

MacMini Early 2006以降(Core 2 Duoモデルのみ) 

iMac Early 2006以降(Core 2 Duo)

用意するもの。

RAM 2GB以上に増設済みの動作対象Mac PC(Core 2 DuoモデルはRam 3GBまでしか認識しないこともあるのでご注意ください。)
8GB以上のUSBメモリー
2GB以上のUSBメモリー
・やる気と根性
・再インストールDVD、またはUSB(←万が一のため。
・Mac OS X Yosemite.app(←ここでは書けないのでググってくださいね。



※今回の実験では、Snow Leopardの環境を残したHDDを取り出し、SSDに交換してから行なっています。


大きく分けるとこの3項目です。
Mac OS X YosemiteのインストールUSBメモリを作成する。
Mac miniへのインストール。
Ⅲ不足しているドライバ(Kext)のインストール。


それでは、やっていきましょー


Ⅰ OS X YosemiteのインストールUSBを作成する。

1,MacPostFactorのダウンロード


こちらより、MacPostFactorをダウンロードします。

黒を基調としたサイトなので「まずいですよ!」とか思う方もいらっしゃると思いますが、ウイルスとかはございませんので、ご安心ください。

ページの下までスクロールすると、ダウンロードボタンがあると思いますので押してください。



すると、専用のサイトに飛びますので、『Download MacPostFactor』をクリックします。



すると、大手オンラインストレージサイトに飛びますので、『download』をクリックします。
すると、ダウンロードが開始されます。
100MB以上のファイルですので、結構時間がかかります。



ダウンロードが終了したら、インストールを行います。
普段通り、DMGファイルをマウントし、出てきたAppファイルをアプリケーションフォルダに放り込んでいただければ、インストールできます。



2,インストールUSBの作成。

8GB以上のUSBメモリをMacに差し込み、Launchpadより『MacPostFactor』を起動させます。
このような画面になりますので『Continue』をクリックしてください。


ライセンス規約の画面です。同意する方は『Continue』をクリックしてください。


インストール選択画面になります。
まず、『Which flavor would you like?』でインストールしたいMacのバージョンを選択します。
サポートしているバージョンは『Mountain Lion,Marvericks,Yosemite』です。
画面にはEl Capitanが写っていますが、サポート外です。
※インストールUSBの作成はできます。

  OS X  の選択が終えたら、インストール先を選択します。
『On an External Drive』からUSBメモリを選択します。

選択を終えたら、『customize』をクリックします。


カスタマイズ画面になります。
MacBook 4,1(ポリカMacBook Early2008) を利用している人は、『EFI 64』を選択します。
それ以外の人は、『EFI 32』で問題ありません。そのまま、OKを押し、『install』を押してインストールUSBの作成を行ってください。

※MacBook Air 11インチじゃDOCKが邪魔で、『OK』が押せません。
『command+option+d』でDockを一時的に非表示にしましょう。


作成が終わるまで、しばらく待ちます。コーヒでも飲んでのんびり待ちましょう。


この表示が出れば終了です。
MacBook Air Late2011 (USB 2.0)で15分くらいで終わりました。


Ⅱ Mac mini Mid2007へのインストール

Mac mini mid2007にMacPostFactorで作成したYosemiteの入ったHDDを接続します。

Windowsキーボードなら、『Alt』Macキーボードなら『Option』キーを押しながら起動させます。

すると、このようなOS選択画面になるので、Yosemiteが入ったHDDを選択します。


いつものリンゴマークが出るので、起動するまで待ちましょう。


起動すると、言語選択画面になります。
日本語を選択してください。


右上のタブより、ディスクユーテリティを開き内蔵HDDのフォーマットを行います。


内臓HDDを選択し、消去タブから消去できます。
 


消去に成功したら、ディスクユーテリティの画面を閉じてください。


そして、画面が閉じたら次に進み、installを押してください。


すると、インストールが始まります。
HDD環境でも30分くらいで終わりました。


インストールが終わると、セットアップ画面が出てきます。
普通に進めてください。


セットアップが終わると、デスクトップ画面になります。

この通り、Mac mini Mid2007でYosemiteを動かすことに成功しました!



問題点。

やはり、サポートされていないMacを走らせるということもあって、色々と不具合があります。

1.Wi-FIが認識しない。
これは結構困ったさんです。

2.音が出ない
致命傷。。。。

まぁ、AppleがサポートしてるOSまでアップデートできたのはできたんで。。。

今度は、Mavericksにも挑戦してみたいと思います。


追記。
MacPostFactorを利用し、Mavericksをインストールしてみました。

なんと!音が出るようになりました!!

と、喜んでいたのもつかの間。

10.9.5の統合アップデートを当てたら、見事に死んでしまいました。

MacPostFactorが64BitUFIを無理やり32BitUFIに変えているからか、ブートの時点で躓きます。

また近いうちに、MacのUEFI自体を64Bitにするソフトがあるみたいなので、そちらを試してみたいと思います。


0 件のコメント :

コメントを投稿